オフィスのスチール製品は売却しても二束三文

新しいオフィスを開設してそちらへ移転する際の事。デスクやロッカーなどのスチール製品は10年以上使用していたので、新しいものを買い揃えました。今まで使用していたものは買い取り業者へ依頼しようということになったのですが、年式は古くてもきれいに使用している物ばかりだったので少し査定額に期待していました。デスク本体だけで購入費用は5万円ほどの商品でしたからせめて数千円にはなるだろうと推測していましたが、実際の査定額は1台800円。ロッカーなどは0円で引き取りとのこと。結局、オフィス内のすべてのスチール製品を合計して15,000円にしかなりませんでした。中古のオフィス用品販売店を覗いた経験がありましたが、その時には「中古でも結構高いんだな」という印象があったので拍子抜け。引き取りの交通費や人件費を考慮するとこの程度にしかならないんだなと勉強になりました。処分費用を逆に請求されなかっただけでも良かったかと諦めましたが、中古業者は利益率が高い商売であることを思い知らされました。