オフィス移転では引っ越しの段取りと不用品の処分が大変でした

会社の業容が拡大し、オフィスが手狭になったので、新たなオフィスへと引っ越す事になりました。新しいオフィスに移れる事は喜ばしい事ですが、その引越しが思いの外に大変でした。
仕事がストップする時間を最短とする引っ越し作業が必要だからです。金曜日の終業後に引越し先でも使用するデスクと椅子とデスク内に入っていたものを段ボールに詰めたものを全員が協力して一カ所に集め、金曜日の作業を終了しました。
土曜日には、私を含む総務部の3名が休日出勤し、デスク・椅子・段ボール等引越し先に移動するものを引越し業者さんに午前中に搬出してもらい、午後には処分する古いオフィス家具等を不用品回収業者さんに搬出・処分をお願いしました。家庭ゴミなら、自治体に不用品の大半は回収してもらえるでしょうが、業務用は自治体では回収してもらえないのです。
引っ越し費用を安くするためには、相見積もりを取り、安い業者さんにする事が重要です。しかし不用品回収業者の中には稀に回収したものを不法投棄するような悪質な業者もあるため、信頼できる業者さんをしっかりと選定する事にも注意を払いました。
土曜日には引越し荷物は新しいオフィスに搬入完了し、日曜日に休日出勤した社員数名で、事前に決めていたレイアウトに沿ってデスクと椅子を並べ、月曜日に皆が出勤してデスク周りを整理し、すぐに仕事を始める事が出来、引越しの推進の大役を果たす事が出来ました。