ゴミ屋敷の片付けをした思い出

ゴミ屋敷の片付けのバイトをしましたが、やはり悪臭が強くて作業着やマスクを付けても頭が痛くなりました。作業をする時は責任者が指示をするためしたがうだけですが、テキパキと行動しないといけないため苦労したものです。ゴミ屋敷はゴミをそのまま放置して住んでいた人がいなくなるケースがあり、物件のオーナーから業者に依頼があります。作業は周囲の住民に迷惑になるため制限時間が設けられ、荷物を運び出してから消毒薬をまくために現場に行く前に心の準備をしないと厳しいものです。

ゴミ屋敷清掃業者でバイト

ゴミ屋敷の片付けはバイトの中でも給料が高く、知人に実際に体験するように勧められてやることにしました。現場はゴミが散乱してドアを開けると常に危険を伴うものです、ヘルメットをしないとものが落下する危険性もあるようでした。作業は3人で行うため予想に反してハードで、強い独特な悪臭がコンプレックスになりました。結局は悪戦苦闘しながら作業が終了しましたが、給料の割にハードだと感じたものです。