家の中の物を処分するのに準備するものは大きい箱ふたつ

ずっと同じ家で生活していると、必要な物と不要な物の混在した空間になっていきます。ですから、時々、部屋の中の物の整理をしなくてはいけません。
家の中の物を整理するために必要な物は、ふたつの大きめの箱を用意することです。その箱は、段ボール製の、引っ越しの時に荷造りするために用意する大きさの箱がふたつで良いでしょう。
箱にはそれぞれ、必要な物、不要な物とタイトルをつけます。タイトルをつけたら、あとは部屋の中の物を、それぞれふたつに分けていくだけです。
ある程度まで箱に入れたら、不要な物に入っている物を、ごみ袋に入れます。これは次の回収日に出せばいいのです。
次に、必要な物の箱に入っている物を、必要、不要に分けます。不要に入ったものは先ほどのごみ袋に入れます。必要な箱に入ったものは、元の場所に戻しておきます。
その作業は、いきなり広範囲で行うと、判断に困り、時間がかかりすぎてしまいます。部屋の一区画、たとえば引き出し一段からはじめるのが成功の秘訣です。