シンプルな暮らしで片付けに悩まない

わたしが10代20代の頃片付けが下手でした。どうして片付け下手だったのかと言えばそれは物を溜め込んでいたからです。コレクションではないですが、買い物が好きでいろんな物を買い、使わなくなってもそれらを捨てられなかったのです。使わなくなった物の処分の仕方も知りませんでした。

服は着なくなって数年経ってもいつか着るだろうと捨てられず。健康器具は大きな物から小さな物まで一時的に夢中になって使い、これらもそのうち使わなくなって。小さい物なら捨てたり誰かに使ってもらったりしてましたが大きな健康器具はどう処分すればいいか分からず、押し入れにしまい込んだり、ぶら下がり健康器は洗濯物干し場へと変わりました。

必要なくなった物がたくさんある部屋は居心地が悪いです。いても落ち着かないんですね・・・。物がいつも目に入ってくるから気になって居心地が悪くなるんです。買い物が異常に好きで買い物をしてストレス発散していた頃の話しです。

いつの間にか物が増えてしまう生活から抜け出たのは結婚後。新居では物が少ない暮らしをしたいと決めていました。ちょうど物を持たない暮らしが流行っていた時期だったこともあり、必要最低限の物があれば不自由なく暮らせる知恵が付いたんですね。余計な物を持つことが如何に不便なのかもったいないことなのかがよく分かりました。わたしはずいぶん余計な物を買い込みお金をどぶに捨てていたんだと反省したんです。

現在もシンプルな暮らしをして満足しています。家の中には日常使う物しかありません。不要になった物はフリマで売って売上金は貯金してます。お金は貯めて良いけど物を溜めてはダメ。それが頭と心でちゃんと理解できたんです。

シンプルな暮らしをしていると片付けに時間を取られることがなくなりますよ。終活もこの分ならあっという間に終わっちゃいそうです。昔のことがウソのようにスッキリ清潔で整った生活。コレを死ぬまで続けることが目標です。